TOP > カレンダー印刷サービスの活用事例

カレンダー印刷サービスの活用事例

日付の確認や予定の書き込みが自由に行えるのがカレンダーの魅力ですが、その役割は日付や予定の確認だけに留まりません。


年末年始になると商品購入時やサービス利用時に、カレンダーのノベルティが付いてくることがありますが、ノベルティとして配られるカレンダーは単なるおまけ品ではありません。

街頭で配られるチラシやポケットティッシュ同様に、宣伝広告としての役割を担っているのです。
ノベルティとして配られたカレンダーには、会社の名前や商品の写真が一緒にプリントされています。

すぐに捨てられてしまうことが多いチラシやティッシュと違って、カレンダーは長い間人の目に触れるので、商品やサービスを効果的に宣伝することができるのです。

配布用のカレンダーは、カレンダー印刷の専門業者によって製作されています。

カレンダー印刷には何十万~何百万円という費用がかかりますが、その宣伝効果は非常に高く、高いお金を払ってまで行う価値があります。

カレンダーの作成関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

カレンダー印刷は法人だけでなく個人も利用することができます。

個人利用で最も多いケースが贈答用です。

「子供の写真が印刷されたカレンダーを製作して、遠く離れた両親にプレゼントしたい」という人や、「お世話になった人たちに感謝の気持ちを表したい」という人が利用しています。



オリジナルカレンダーはインターネットで注文することができます。カレンダーの完成には半月~1カ月を要します。
多くの業者は緊急の依頼にも対応していますが、日数に余裕をもって依頼しないと追加料金が発生するので注意が必要です。