自動車のガラスコーティングとは?

ひと昔前は自動車のメンテナンス剤はワックスが主流でしたが、今ではコーティング剤によるメンテナンスが普及してきています。自動車のコーティング剤はポリマー系から始まりました。

今よりも千葉のコーティングの情報が必ずあります。

現在においても、ガラスコーティングよりも安価で艶出しができるために人気があります。

千葉のカーフィルムの便利な情報を集めたサイトです。

ただしポリマー系のコーティング剤は耐久性がなくて、コーティングの持続期間が3~6ヶ月とあまり長持ちがしません。

ガラスコーティングは持続期間が1年以上と長持ちな上に、傷も付きづらいのが特長です。
車をガラスコーティングした場合は、艶や光沢が明らかに変わります。



濡れたような艶が長期間にわたって持続します。長期間にわたって効果が持続する理由は、ガラス被膜は酸化しないからです。

そればかりでなく、ガラスの被膜は大気に含有している有害物質を寄せ付けない性質もあって自動車の塗装が守られます。


ガラスの被膜はとても硬いので傷がつきにくく、洗車傷も付きづらくなります。


汚れもとても落としやすくなるので、洗車は水洗いだけで簡単に済ますことができるようになります。

自動車のコーティングは、今ではガラスコーティングがかなり普及してきています。
ガラスコーティング剤はとても良いものではあるのですが、ワックスやポリマーに比べると値段が高いところが難点です。

値段自体は高いのですが、持続期間や性能の高さ、メンテナンスにかける労力などを加味すれば、ワックス、ポリマーよりも高い買い物とは言えないでしょう。